2010年03月31日

<風力発電>施設近くの住宅内で低周波音 初の調査で確認(毎日新聞)

 風力発電施設の周辺住民から騒音や低周波音に関する苦情が相次いでいることを受け、環境省は29日、初めて実施した調査結果を公表した。苦情を訴えている住民の自宅で、風力発電施設から発生しているものと同じ周波数を持つ音が確認されたが、頭痛や不眠など苦情内容との因果関係は不明としている。

 風力発電は自然エネルギーとして注目される半面、風車の風切り音や低周波音が健康を害しているとの苦情が地元住民から出ている。同省は12月から1月にかけて、愛知県豊橋市、同県田原市、愛媛県伊方町の3地域で騒音、低周波音調査を実施。頭痛やイライラ、不眠などを訴えている4世帯の協力を得て、住宅内と住宅外、発電施設近くの3カ所で音を計測した。

 その結果、発電施設近くでは低周波音(31.5ヘルツ)や低い音(160〜200ヘルツ)などを確認。調査対象住宅のうち田原市(施設から約350メートル)と伊方町(同約210メートル、240メートル)の3世帯では、施設近くと同じ周波数の音が測定され、施設から出た音の一部が届いている可能性があると結論づけた。一方、施設から680メートル離れた豊橋市の住宅では、音は確認されなかった。

 同省は来年度、全国約380の風力発電施設や周辺地域で苦情の有無を含めた実態調査をする。風車による健康への影響についても詳しく分析する予定。【大場あい】

【関連ニュース】
中部電力:風力発電計画を白紙撤回へ 愛知・静岡県境
無風力発電機詐欺:被告に懲役4年−−地裁判決 /高知
風力発電用風車:伊方の三セク、運転開始 /愛媛
東伊豆の風力発電施設:風車で健康被害、因果関係認めず 公害調整委で会社側 /静岡
中電:愛知・静岡県境、風力発電計画を白紙撤回へ

官房長官、首相元秘書初公判で「コメントする立場にない」(産経新聞)
10年度予算、24日夕に成立(時事通信)
<京都刑務所>低体重状態で受刑者死亡 立件視野に捜査(毎日新聞)
貨物船同士が衝突、2人不明=鳴門海峡−徳島(時事通信)
放鳥トキ、新たに1組営巣=佐渡(時事通信)
posted by イハラ マサアキ at 17:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。