2010年05月10日

米が徳之島移転に難色=首相、地元と協議継続へ−普天間(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する4日の日米両政府の実務者協議で、米側が鹿児島県・徳之島への海兵隊部隊の一部移転案に難色を示していたことが5日、分かった。鳩山由紀夫首相は沖縄の基地負担軽減のため、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)を移設先とする現行計画の修正と併せて徳之島の活用を検討しているが、一段と苦しい立場に追い込まれた。
 政府関係者によると、米側は4日の協議で、徳之島にヘリ部隊を移す案について、約200キロ離れた沖縄本島の地上部隊との一体的な運用に支障が生じるため受け入れは困難と主張。一方、シュワブ沿岸部を埋め立てる現行計画をくい打ち桟橋方式に修正する案については協議に応じる姿勢を示した。
 ただ、海面と滑走路に空間ができる桟橋方式にはテロ攻撃に遭いやすいなどの問題点があり、米側は改めてこうした点を指摘したとみられる。
 首相は5日午前、首相公邸で、実務者協議の日本側代表である冨田浩司外務省北米局参事官と黒江哲郎防衛省防衛政策局次長から4日の協議の報告を受けた。また、首相は平野博文官房長官、松野頼久、滝野欣弥両官房副長官と対応を協議。7日には受け入れ反対を既に表明している徳之島の3町長との会談を予定していることも踏まえ、引き続き地元との話し合いを続け理解を求めていく方針を確認した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

小沢氏、不気味な沈黙 党内反対勢力と“全面対決”も(産経新聞)
草むらに50歳男性の変死体、靴は18m先で発見(読売新聞)
御柱祭 柱から落ち2人死亡 長野・諏訪大社(毎日新聞)
谷亮子氏 参院選擁立 小沢氏「100万の味方得たよう」(毎日新聞)
「看護の日」制定から20年、都内でフォーラム(医療介護CBニュース)
posted by イハラ マサアキ at 23:39| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。